Zoff?JINS?子供用メガネはどこがいい?2つのブランドの特徴を比較してみました!

zoff jins

 

 

izumitoです。

 

 

小学生の娘がいる我が家。

 

 

先日、小学校の眼科検診で引っかかってしまいました…

 

 

 

席によっては黒板が見えにくくなるという事で、初めてメガネを作ることにしましたが、

 

 

 

子ども用のメガネも結構な値段…

 

 

 

なので、低価格のメガネが揃うZoffJINSで購入することにしました。

 

 

 

でも、ZoffとJINSの違いって何だろう?

 

 

 

 

という事で、調べてみました!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

JINS・Zoffそれぞれの特徴

jins 子供めがね

 

 

まずは、JINSの子供メガネについて

 

 

 

JINSの子供メガネ

jins 子供めがね

 

Jinsには、子供が使っても壊れにくいタイプのフレームの他、小顔に見える大人っぽいデザインのフレームがあります。

 


画像引用:JINS

 

 

画像のフレームもキッズ用です。

お洒落なフレームは、JINSの子供メガネならでは。

 

 

価格は、8,800円(税込み)

 

Lサイズなので、少し大きめのサイズになります。

 

もちろん、男女どちらにもぴったりのデザイン。

 

 

 

お洒落な子供メガネを探しているなら、JINSがおすすめです。

 

 

 

Zoffの子供メガネ

zoff 子供めがね

 

 

Zoffのメガネといえば、“軽くて壊れにくい”が特徴の[Zoff SMART Kids]

 

 


画像引用:Zoff

 

 

価格は、11,100円(税込み)とZoffの中でも値段はしますが、遊んでいる時も運動中も安心の“しなやかさ”が特徴です。

 

 

これまでの販売累計本数が、550万本を超えた人気フレーム

 

 

 

 

子供が壊したらどうしよう・・・

 

 

 

そんな心配があるなら、”Zoff SMART Kids”がおすすめです。

 

 

 

 

JINS とZoffを比較してみた!

zoff jins 子供めがね

 

 

※キャラクターは、変更になる場合あり

 

 

 

ZoffもJINSもブルーライトカットレンズが選べる

 

 

追加料金無料で、ブルーライトカットレンズが選べます。

 

Zoffでは、セットレンズ以外にもブルーライトカット33%・50%を選ぶことが出来ます。

 

50%のブルーカットレンズだと、少し、黄色がかったレンズになります。

 

 

 

Zoffは、子供メガネのサポートが充実

 

 


画像引用:Zoff

 

 

その名も[Zoff U-15]

 

JINSより、レンズ交換期間が半年間、長く設定されています。

 

 

 

 

JINSは薄型レンズ代込み

 

JINSは[薄型非球面レンズ代]が込みで、追加料金がかかりません。

 

 

一方、Zoffは薄型非球面レンズの追加料金が、5,500円~発生します。

 

 

 

薄型レンズは、球面レンズよりフラットなレンズ。

 

 

軽くてクリアに見えるのが、薄型レンズの魅力。

 

見え方にこだわるなら、薄型非球面レンズ代が込みのJinsがおすすめです。

 

 

視力検査は出来るの?

jins  zoff 子供めがね

 

我が子の場合、学校の視力検査がきっかけで視力の低下が発覚したので、病院での検査は必須でした。

 

 

もちろん、ZoffでもJINSでも視力検査は出来ますが、視力だけではなく目の状態を詳しく調べる為にも、やはり眼科での検査をしておくと安心です。

 

 

 

子供のメガネどう選ぶ?

jins zoff 子供めがね

 

デザイン性があって薄型非球面レンズが標準搭載なのが、JINS。

 

コラボデザインが多く保証期間が長いのが、Zoff。

 

 

 

我が家は、Zoffで購入しました!

 

価格は、¥11,000(オプションなし)。

 

予算よりも高かったので、長く使ってほしいと思います…笑

 

 

 

 

オンラインショップだけの割引価格商品もあるので、ぜひ、ホームページをチェックしてみて下さい。